ダンブルアンプのユーザーとして誰もが思い浮かぶ大御所お二人の如く、
タッチによる繊細なレスポンスを最大限に注目し、独自のコンセプトで開発を進めました。
その結果、ベストな表現力を生むゲインポイントは、ビルダーが固定しました。

トップパネルにはVolノブのみを配置しましたが、内部のゲインコントロールトリマーにより、
お好みでゲイン調整も行えます。

あとは必要最低限のコントロールを3つのミニトグルスイッチで、
RIGHT - LOW-MID - MODE(BOOST/ODの切替)を搭載しました。

一般的なオーバードライブよりもタッチレスポンスがある意味、
一癖も二癖もありますが、プレイヤーのタッチをそのままアウトプットします。

© 2018 by Pedaldiggers

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon